入 所(施設入所、短期入所)

 施設入所は原則として要介護認定を受けられた方が対象になり、期間は1か月以上になります。医師の診察や管理、食事や入浴、リハビリなどを利用できます。入所中は3か月に1回、自宅に戻れるかどうかの検討を行います。また、ご家族との話し合いにより看取りにも対応させていただいております。
 短期入所は要支援認定を受けられた方も対象になり、ケアマネジャーの計画に基づいて最長30日までご利用できます。施設入所と同じく医師の診察や管理、食事や入浴、リハビリなどを利用できます。なお、ご希望に合わせ送迎も行っております。
 

 ご利用までの流れについてはこちら(長期入所)またはこちら(短期入所)をご覧ください。

入 所(施設入所、短期入所)

 施設は4階建てです。
 施設玄関の正面とその北東に駐車場があります。周りは自然に囲まれ、静かでのどかな場所にあります。
 

 1階は大きなデイルームになっています。
 奥行きがあり、ゆったり過ごしていただくことができます。
 コンサートや夏祭りなどのイベントになると、総勢200名くらいの方が1階に集まります。

 デイルームの奥はリハビリ室スペースになっています。
 入所と通所の方が交流され、いつもにぎわっています。

 最近リハビリ機器を新しくしました。
 自宅に帰ることなど、目的に合わせてリハビリを受けていただくことができます。

 マシントレーニングができるように何種類ものリハビリ機器があります。
 運動中は、専門のリハビリ職員が個別に関わります。

 平行棒を使った歩行訓練や階段を使った段差昇降訓練、関節が硬くならないように手足の曲げ伸ばしなどのリハビリを受けていただくことができます。

 1階にある浴室は、大浴室になっています。家庭的な個人浴室もあり、自宅での入浴を想定した訓練も行うことができます。

 座ったまま、寝たままでも肩まで入浴できる浴槽が2種類あり、最近どちらも新しくしました。外の景色を眺めながら、ゆっくりと入浴していただくことができます。

 2階から4階は入所設備になっています。
 日当たりが良く、太陽の光が差し込みます。日中は食堂や談話室で過ごしていただき、寝たきりにならないようにしています。

 入所者の皆様が明るい場所で過ごせるように照明を明るくしています。テーブルは高さを10段階に調節することができ、食事などで使いやすいように工夫しています。

 お部屋の照明は明るくしています。ベッドは通常の高さと20センチまで下げられる超低床ベッドをそろえ、転落や転倒によるけがの予防に努めています。

 経管栄養(鼻腔、胃ろう)が必要な方も入所していただくことができます。医師が診察し、必要な方には点滴などをさせていただくこともあります。

 

 誤嚥性肺炎を予防するため、吸入器や痰を吸引する機械をそろえています。日頃から口の中の清潔を保つため、吸引ブラシなども使います。

 食事が十分に摂れない場合に備え、少量で高カロリーの栄養補助食品をたくさん用意しています。飲み込む力や好みに合わせてお出しできるようにしています。

 入所のご相談やご家族など関係者とのお話は、家族相談室でうかがいます。
 静かな場所でプライバシーに配慮します。お困りのことをお話しください。